鏡像フーガとは

鏡像(きょうぞう)フーガは、R-9(あーるないん)による同人漫画サークルです。
個人で活動しており、主な参加イベントは「COMITIA」です。
以前より稀にSNS上で二次創作活動を行ってきましたが、2015年のニンジャスレイヤーオンリー「ニンジャ万博 -改善」へのサークル参加きっかけに、今後は本格的な二次創作活動にも取り組みます。オリジナル作品の発表も継続的に行います。

オリジナル作品の題材は、ファンタジー、SF、少しコメディー寄りのものが中心です。

作品は、コピー本などの通常の同人誌のほか、TwitterやTumblr、Pixivなど各種SNSへ散発的にアップロードすることもあります。また、いくつかあるブログでは、マンガや創作についての文章もあれこれ書いていますので、このサイトを通して、それらのバラバラの成果を極力わかりやすく集約してゆく方針です。

サークルのあゆみ

サークルは2013年、COMITIA 103への参加とともにスタートしました。

初めての同人誌即売会へのサークル参加は2002年。サークル「アンダーライン」として、コミックマーケットに創作漫画ジャンルで参加しました。
鏡像フーガの実質的な前身サークルである「B2B」は、「R-9」と「宮田」による2人サークルで、2004年2月のCOMITIA 67より、ほぼ毎回(年4回)のペースで活動を続けてきました。9年間にわたる活動を経て、同サークルとしては一旦活動を休止し、新たに個人サークルとして再出発することになりました。(よくお問い合わせをいただきますが、宮田くんは現在作家活動をお休みしています。私自身も宮田作品のファンなので、復帰を期待しています。)

2015年、これまでの創作漫画界隈での活動と並行して、二次創作活動も進めます。

R-9について

あーるないん、と読みます(由来は有名なゲームからですが、とくに関係はありません。18年くらい使っているハンドルネームです)。
趣味で漫画を描いたりお絵かきをしています。他に作曲やDJなども長いことやっています。

本業はWebデザイン、ディレクション全般。横浜市内でフリーランスのWeb制作スタジオ「EPX studio」を運営しています。
(Webサイト制作などのお仕事のご相談は別途お受けいたします。)

お問い合わせ

何かありましたら、お問い合わせページからご連絡ください。もちろん、Twitter等を通じてご連絡いただいてもかまいません。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook7Share on Tumblr0